すんしゅい
郷土料理家 梶山さんお勧めの郷土料理

すんしゅい
(宮崎の郷土料理)

Recipe

(2~3人前)
大根
1/2本
佐土原なす
1本
しょうが
1片
いわし
2尾
600ml
昆布
5センチ角
・A薄口しょうゆ
大さじ3
・A酢
大さじ2
・Aみりん
大さじ2
・A酒
大さじ2
・片栗粉
小さじ2
・塩
適量
・青ネギ
適量
サラダ油
適量

HOW TO COOK

STEP 1

イワシは鱗、頭と内臓、骨をとりきれいに洗ったら、水気をよくふきぶつ切りにして、塩、しょうが、片栗粉を入れフードプロセッサーでミンチにしておく。フードプロセッサーがないときは包丁でたたく。

STEP 2

大根は鬼おろし(荒いおろし)にして軽く水分を切っておく。鬼おろし器がなければ大根おろしとみじん切りの大根をまぜる

STEP 3

茄子は食べやすい大きさに切り多めの油で揚げ焼きする。

STEP 4

鍋に昆布と水を入れ沸騰したら昆布を取り出し①のイワシをスプーンですくい団子にして落とす。あくがでたら取り除き②のおろし、Aを入れ味を見ながら足りなければ塩で調える。

STEP 5

器に③と④をもり、ネギを散らす。

POINT

宮崎県都城市に伝わる「すんしゅい」とは、「酢の汁」や「酢のしゅい」とも呼ばれており、おろした大根と、 イワシの切り身を酢と醤油で煮た温かい酢の物として親しまれています。

本来の「すんしゅい」はぶつ切りにしたいわしを使っていますが、今回はお子様でも食べやすいようにつみれ団子にし、宮崎の伝統野菜「佐土原なす」を添えたオリジナルのすんしゅいをご紹介します。

HOW TO COOK

梶山葉月さん

梶山 葉月さん

料理家・フードコーディネーター

HAZUKI KAJIYAMA

フードコーディネーター、郷土料理家。現在、主にテレビやCMなど広告関係の料理製作・器のスタイリング・企業向けレシピ提案・ケータリングなど「食」のトータルコーディネートをする。様々なシーンや味の好みに合わせ旬の食材を生かした健康的でシンプルな料理は定評がある。家庭でつくれる和食や、地方の郷土料理を次世代に伝えるべく、活動を広げている。日本テレビ系「秘密のケンミンショー」担当フードコーディネーター