のっぺ(新潟県の郷土料理)
郷土料理家 梶山さんお勧めの郷土料理

のっぺ(新潟県の郷土料理)

Recipe

(4人前)
里芋
6個
人参
1本
レンコン
1個
しいたけ
3枚
茹でぎんなん
20g
絹さや
10枚
鶏肉
150g
かまぼこ
60g
こんにゃく
50g
いくら
適量
だし汁
400ml
Aしょうゆ
大さじ1
Aみりん
大さじ2
A酒
大さじ2
小さじ1/2

HOW TO COOK

STEP 1

里芋は皮をむいて角切りにして塩でもんでぬめりを取る。
こんにゃくも同様に角切りにして塩で揉む。
水でよく洗い水気をきっておく。

STEP 2

人参、レンコンも皮をむいて角切りにし、かまぼこ、鶏肉も同じ大きさに切る。

STEP 3

鍋にだし汁、野菜、鶏肉を入れ火にかける。
煮立ってきたらAを入れアクを取りながら里芋に火が通るまで煮る。
塩は味を見ながら調節して入れる。

STEP 4

最後にぎんなん、かまぼこ、絹さやを入れさっと火を通す。

STEP 5

お好みでいくらをもりつける。

POINT

新潟県ののっぺは季節の野菜をつかい、たくさん人が集まるようなときにつくります。
基本的には旬の野菜を入れて通年食べますが、里芋の採れる寒い季節だったり、お正月には必ずおせちと並んでたべます。汁物のようですが、実際は具材を煮込んで、とろみのある煮物のようなものです。貝柱をいれてだしをとったり、鮭やいくらをのせる場合もあります。里芋で自然なとろみをつけるのが新潟県の特徴ですが、葛粉や片栗粉などでとろみを付ける地域もあります。

HOW TO COOK

梶山葉月さん

梶山 葉月さん

料理家・フードコーディネーター

HAZUKI KAJIYAMA

フードコーディネーター、郷土料理家。現在、主にテレビやCMなど広告関係の料理製作・器のスタイリング・企業向けレシピ提案・ケータリングなど「食」のトータルコーディネートをする。様々なシーンや味の好みに合わせ旬の食材を生かした健康的でシンプルな料理は定評がある。家庭でつくれる和食や、地方の郷土料理を次世代に伝えるべく、活動を広げている。日本テレビ系「秘密のケンミンショー」担当フードコーディネーター