那須グリーンファーム / 那須 保信さん

作物本来の力を存分に発揮
力強いおいしさと栄養がつまった
那須さんのオクラ 那須グリーンファーム / 那須 保信さん

ワイルドなオクラ畑で
草や虫を敵としない農業を実践

那須さんのオクラ畑の周辺は膝ほどの丈の草におおわれ、一足分け入るごとに何種類ものバッタがあわてて飛び出してきます。完全な自然農法ではありませんが、一見したところかなりの自然派。土にも有機物の成分がたっぷりと含まれていそう。虫や草を徹底的に排除することにこだわらず、作物そのものが備えている生命力を十分に発揮させる農業を実践しています。

「例年は5月中旬にオクラのタネを畑に直播して、6月初頭から11月中旬まで収穫しています。今年は初の試みで、2ヶ月ほど早く3月中旬から播き始めた畑がありますが、天候に恵まれず、最初のタネは発芽しませんでした。改めてポットで植え直しましたが、うまいこと密植できなくて、植える間隔が広くなってしまった。ほんまやったら4、5本植えるところ仕方なく1本でいったら栄養のまわりが良くて、どんどん大きく成長してしまいました(笑)。実も立派なのができていますよ」

IMG

作物には手の人柄がにじむ
パワー溢れるオクラ

「大きさはある程度は揃えて出していますが、例年通りに作っている畑も今年は特に大きめですね。一般的に大きなオクラは固いと思われていますが、そうとは限らないんです。もちろん放っておいて収穫が遅れたせいで大きくなったオクラは繊維質が固くなってしまいますが、栄養がたっぷりと行き渡って大きく育ち適切な時期に収穫したものは、おいしさも柔らかさもばっちりなんです。もし大きいのが届いた時は、食べ応えあるのがきたぞと受け止めていただけたらうれしいです」

希望だった専業農家になって5年。土のこと、肥料のこと、作物のこと、いろいろと試行錯誤を繰り返している那須さん。オクラを作る楽しさをこんな風に語ってくれました。

「オクラは木が大きく育つところに生命力の強さを感じて、やってて面白いですね。毎日見てますが、雨が降ったりしたら一気にぶわーっと大きくなって。すごいな!こんなおっきいなんやな!って感動します」

IMG

安心して召し上がっていただける
良いものづくりを心がけ

那須さんが就農先をここに決めたのは、集荷場が近くにあるということも理由のひとつです。

「集荷場へは5分くらいで⾏けますので、配送にかかる時間を気にせず、⾃分は作ることに専念できるのがいいですね。また、配送時間が短いということは、それだけ新鮮なものをお客様にお届けすることができますから。どんなお客様が買ってくださっているのか気になって、⼤阪へ⾏った時には買い物を兼ねて、卸先のスーパーなどを視察しています。⼩さなお⼦さんを連れた⽅や、お年寄りの⽅がうちで作ったものを買っていかれる姿を⾒ると、やっぱりええもん出さんとあかんなと、そう思いますね」

カリウム、カルシウムを豊富に含み、あのネバネバが美容と健康にも良いオクラ。原産地はアフリカ東北部といわれ、古代よりエジプトでも盛んに栽培され、スタミナ食材として親しまれてきました。採れたてのフレッシュなオクラで、皆さまの食卓に元気をお届けします!

IMG

profile

那須グリーンファーム

栽培品目:オクラ
出荷可能期間:6月〜11月
※その他、きゅうり、レタスも取り扱いがございます。

大阪出身。趣味はバイクやサイクリングという根っからのアウトドア大好き人間。いずれは農家になることを目標に、ツーリングで各地を訪れながら将来の農園候補地を視察。2012年、景色がきれいで何度も訪れていた和歌山の地で新規就農を果たし、できるだけ農薬を使わない栽培を心がけながら試行錯誤の日々。